株式会社クラス

ニュース

ニュースのサムネイル画像

企業からみた第二新卒者の印象と採用後の感想

女性の転職について

2019.06.14

前回に引き続き、第二新卒の転職について。今回は企業からいろいろとお話を聞くことができました。

「すべてが初めての新卒の時に比べると、違う職種でも要領がわかることが多いです。特に仕事とプライベートのバランスがうまくとれるようになりました。心の余裕なのかもしれません」と笑顔で話してくれた彼女は新卒で勤めた会社を2年目で退社し、現職へ。今は事務全般を任されています。
若手でありながら、一緒に働く同僚からは「とても頼りになる存在」だと信頼も厚い。

「覚えが早く、コミュニケーション能力に長けている。これは前職でしっかりと“働くためのノウハウ”を学んだからだと思います。あと本人が言うように精神的な余裕があることも馴染みが早い秘訣なのかもしれませんね」と企業担当者。

「そして周囲への気配りがきちんとできる。顧客への対応姿勢もさることながら、共に働く仲間たちへの気遣いができるのは彼女の大きな魅力です。これは彼女の本質なのだと思いますが、今までの就職経験から『人との繋がり』を体得しているのだろうと感じることが多々あります。これからも一緒に切磋琢磨していきたい存在ですね」と、にこやかに担当者は話してくれました。

第二新卒者に求めることの中にあった「将来的なビジョンの有無」について質問すると、「今は無くても構わない。これから私たち企業が彼らの指針になるものを見せられるよう、共に成長したい」と心強い答えが。

企業からみた第二新卒者を採用するメリットを具体的に聞くと、「社会人経験で得たビジネスマナーや常識がある程度身についていることで、研修などに割く時間が大幅にカット出来、即実務教育ができます。そして若さの持つ柔軟性と適応力によって教える側としてもやりやすい…などいろいろとありますよ」とのことでした。

今回お話を聞き、実際に転職した人、採用した企業、どちらもスムーズにお互いを受け入れて心地よく働けている印象を受けました。
若いからこそできること、経験が多くないからこそできること、そしてそんな彼らだからこそ伸ばせるものがきっとたくさんあるのだと感じられました。
積極的に第二新卒の採用を行なう企業が増加している昨今、上記のように双方が快活な転職が増えるといいですね。
面接

関連記事

  • ニュースのサムネイル画像

    人にはそれぞれの、人生のターニングポイントがあります。 それは、年齢も違えばきっかけも様々でしょう。 今回は、私の学生の頃からのある友人についてお話します。 彼女は、大学卒業後、大...

    女性の転職について

    2019.07.23

  • ニュースのサムネイル画像

    劣悪な労働条件やパワハラなどにより事件が多数勃発したことから、ここ数年、多くの企業が対策を講じてきています。 中小企業もできるだけ残業をさせないような規定を取り入れるなど、社員の定着率を上...

    女性の転職について

    2019.07.18

  • ニュースのサムネイル画像

    在宅ワークって興味ありますか。 家にいながら仕事をすることですが、形態は様々で、社員、バイト、業務委託など。 仕事内容もいろいろです。 データ入力、ライティング、翻訳、プログラ...

    ママのRework

    2019.07.16

アクセスランキング

お問合わせ

お名前

会社名

メールアドレス

電話番号

ご依頼内容