株式会社クラス

ニュース

ニュースのサムネイル画像

第二新卒者の積極的な採用が流行に。~企業の本音~

人材業界について

2019.06.27

最近、学生の就活生を見なくなってきましたね。
ようやく落ち着いてきた方も多いのでしょう。

しかし、そんな「新卒」とは違い、「第二新卒」と呼ばれる人がいます。
これは「既卒」とも違い、卒業後就職をして、短期間で転職を志す若手求職者のことです。

今、第二新卒者を積極的に採用する企業が増えています。
担当する企業に聞いてみると、第二新卒に求めるものは、
●やる気、熱意
●将来的なビジョンの有無
●長期的に働く意志
●社会人マナー
だと言っていました。

一度就職した彼らは、自分のやりたいことが見え、転職に対してやる気は高まっているでしょう。
就労環境に求めることも明確にあり、長期的にしっかり働ける職場を求めていると思います。
これだけでも十分企業の求める人材に合致すると言えます。

また社会人経験から身につけた常識があることは大きなポイント。
そして技術よりも、若さの持つ適応力は社会人経験が浅い今だからこその魅力。
即戦力、とはならなくても、ビジネスマナーや柔軟性を身につけているだけで、企業にとってはとても有益な人材なのです。

短期間で離職してしまったことが不利になるのではないかと考える人もいるかもしれません。
でもそれは人それぞれにきちんとした理由があることを企業は解っています。
そして、転職を決めるということがいかに勇気のいることなのかも。

学生時に大変な就職活動をやり遂げたことは第二新卒者の強みでもあります。
誰かと比べることなく、自身にしかない魅力で勝負してくださいね。

第二新卒,転職活動

関連記事

  • ニュースのサムネイル画像

    私は派遣社員として働いていました。 なので正直、正社員の話をいただいた時はとても嬉しかったです。 でもあの時、すぐに返事ができなかった。 職場に不満はまったくと言っていいほどなかった。...

    人材業界について

    2019.07.22

  • ニュースのサムネイル画像

    昔からよく言われている「とりあえず3年」。 この言葉通りにいくと、「3年経ったら辞めてもいい」とか「3年経ったら転職を考え始める」といった捉え方になりますよね。 しかし、実際はこの"3年...

    人材業界について

    2019.06.28

  • ニュースのサムネイル画像

    労働環境は目まぐるしく変化している。「去年は・・・だったのに今年は違うな」など1年単位、もしくはそれより短いスパンで変化している現代。厚労省や総務省などでは、ご存じのとおり、労働に関する調査...

    人材業界について

    2018.02.09

アクセスランキング

お問合わせ

お名前

会社名

メールアドレス

電話番号

ご依頼内容