株式会社クラス

ニュース

ニュースのサムネイル画像

事務職から営業職への転職~生涯賃金を考えた時~

女性の転職について

2019.12.13

今回はある求職者にお話を聞くことができました。

 

彼女は事務職から営業へと転職を決めました。

その理由はとても興味深いものでした。

—————————————————————————————————-

 私は新卒で勤めた会社で事務を3年経験しました。

繁忙期以外は残業はほぼありません。業務内容は覚えてしまえば、難しいことはなく、社内の雰囲気も良かったので働きやすい職場でした。

なので不満はなかったんです。

ある日、友人たちと会った時に「生涯賃金って知ってる?」という話題に。

初めはなんとなく聞いていたのですが、ジワジワと押し寄せてくる何かが私の中でありました。

 

「平均年収×勤務年数」が生涯賃金となり、営業系であれば19000万円。事務系は14000万円だというのです。

実際にそのふたつの差である5000万円がどれほどなのか想像しにくいながらも、すごい金額であることだけはわかりました。

 

「これからも働き続けるのであれば、チャレンジする価値はあるかもしれない」

単純かもしれませんが、この話をきっかけにこう考えるようになりました。

ただやはり「営業はしんどい」というイメージが拭えず、なかなか一歩が出ませんでした。

 

そんな時に当社を知り、相談へ。

すると営業にもいろんな種類があることを知りました。

新規開拓ばかりではなく、ルート営業や反響営業といったもの。

反響営業については初めて聞く言葉でした。

担当の方にじっくり話を伺って「営業=辛い・しんどい」ではないと感じることができ、今は前向きに営業職を求めて転職活動しています。

—————————————————————————————————-

 

生涯賃金、みなさんは考えたことありましたか。

資格を取ったり、専門職の経験がなくても、今のままで賃金アップを考える手段はいろいろとあります。

悩める職種選びですが、納得して進んでもらえるよう情報提供していきます。

 

また今回の話のように営業には様々なパターンがあるんです。

ぜひ女性には知って欲しい内容。

次回またその営業の話もできたらと思っています。

 

求人サイト

関連記事

  • ニュースのサムネイル画像

    みなさんは嬉しいこと、困ったこと、楽しいこと、悩んでいること…何かあった時に話せる人、話したくなる人は周りにいますか。 共有したり、客観的なアドバイスをもらったり、人に話すことで自分の...

    女性の転職について

    2020.06.15

  • ニュースのサムネイル画像

    転職活動中にこんな経験ありませんか。 せっかく書類審査が通ったのに、「やっぱりここ違うかも」「なんか行きたくない」と思って面接キャンセルしたこと。 当社にも、これまで自己応募で数社書類が通っ...

    女性の転職について

    2020.05.07

  • ニュースのサムネイル画像

    先日、20代前半の女性の就職支援を行いました。 その方は、既にサービス業界から内定をいただいていましたが新型コロナウィルスによる業績悪化の為、3月下旬に内定取り消しを受け、就職活動を...

    人材業界について

    2020.04.27

関連記事

アクセスランキング

お問合わせ

お名前

会社名

メールアドレス

電話番号

ご依頼内容