株式会社クラス

ニュース

ニュースのサムネイル画像

ポテンシャル採用導入のメリットとは?

人材業界について

2020.09.8

「withコロナ」「afterコロナ」と呼ばれる時代となり、企業でも働き方や労働環境の見直しを図っている担当者も多いのではないでしょうか。不安定な社会情勢に加えて、慢性的な問題である“若手の人材不足”に悩んでいる採用担当者も多いかと思いますが、そこでカギとなるのが “ポテンシャル採用”です。

今回は、ポテンシャル採用を取り入れるメリットやそれによる効果、また考えておくべきリスクについてご紹介します。

 

ポテンシャル採用とは

ポテンシャル採用とは、経験やスキル、分野を問わず、その人材の将来的な成長・活躍を期待して採用することです。現在は大手企業も新卒採用を中止または縮小し、ポテンシャル採用を導入するところも増えてきています。

多くの場合、一般に第二新卒と呼ばれる20代をターゲットとすることが多いですが、明確な年齢制限やルールが規定されているわけではありません。将来性、可能性を秘めた若手人材を採用することを目的としています。

“中途採用”や“キャリア採用”とはちがい、即戦力ではなくとも将来の活躍を期待し、その潜在能力を評価して採用するという点が、大きな特徴です。

 

ポテンシャル採用のメリット

即戦力の人材を採用することができる中途採用とは違いますが、ポテンシャル採用にも大きな魅力やメリットがあります。

・優秀な若手を確保できる
・研修、教育コストを軽減できる
・企業全体の若返りが期待できる
・新しい価値観や可能性を期待できる
・自社の企業カラーに合った人材育成ができる

ポテンシャル採用は、新卒採用でもなく中途採用でもない、いわばその中間層です。基本的なビジネススキルは持ち合わせているため、新卒採用には必ず必要なビジネスマナーや一般常識を教える必要はありません。その指導に必要な時間や人手を削減でき、新卒採用に比べればスピーディーに業務指導に入ることができます。

また、経験や分野を問わず優秀な若手を採用することができれば、若手らしい意見やアイデアを取り入れることができます。これは、企業としても凝り固まった概念や考え方にちょっとしたきっかけをもたらしてくれることもあるのです。企業全体の若返りにもなり、新しい可能性を見出すこともできるでしょう。

また、経験やスキルが豊富な中途採用に比べて、前職の企業カラーに染まっていない可能性も高く柔軟性もあり、自社の企業理念や企業カラーに合った人材育成が実現しやすいのも大きなメリットです。

 

ポテンシャル採用のデメリット

ポテンシャル採用には上記のようなメリットがある反面、リスクやデメリットがあることも理解しておくことが大切です。

・成果を出すまで時間がかかる
・特別な育成計画の準備が必要になる

ポテンシャル採用は、あくまで将来の活躍に期待して採用する採用手法なので即戦力は期待できません

また、ポテンシャル採用を導入する場合、独自の研修・育成計画を作成する必要があります。分野を問わず業界・職種未経験の人材を採用するため、経験やスキルがなくてもしっかりとキャリアビジョンを描けるような計画を提示するようにしましょう。

研修・育成計画が未完成だと、入社後のミスマッチにもつながりやすく早期退職につながってしまうおそれもあります。

 

ここで参考として、若手世代の転職活動に対する動向や変化をご紹介します。下図は、「正社員として働いている20代~50代の男女のうち2019年に転職した方」1500名を対象に転職者の動向をまとめたものです。

出典:株式会社マイナビ「マイナビ 転職動向調査2020年版 図2」 
https://www.mynavi.jp/news/2020/04/post_22977.html

「現在お勤めの会社であと何年くらい働きたいと思いますか」という問いに対し、男女共に20代の若手世代では、約60%~70%前後があと5年以内に転職または退職しようと考えていることが分かります。

しかしこれは、裏を返せば、”ポテンシャル採用の市場は大きい”とも捉えられます。若い世代において転職活動は活発におこなわれていますが、企業としては「ここで働きたい」と思ってもらえることが重要です。「今後のキャリアビジョンを描けない」「ずっとここで働きたくはない」と思われないよう、明確な情報を提供し、労働環境や待遇などを整備することとが大切なのです。

 

ポテンシャル採用時の評価ポイント

ポテンシャル採用を導入・実施するときは、以下のポイントを評価基準のひとつとしておさえておきましょう。経験やスキルが評価基準とならないポテンシャル採用は、採用担当者によってばらつきがでてしまうことがあります。

ポテンシャル採用の要である、“将来の企業への貢献度”が期待できる人材かどうかを、以下のポイント基準に評価しましょう。

・成長意欲、向上心
・新しい環境への適応能力
・コミュニケーションスキル
・目標やキャリアビジョン
・セルフコントロール、マネジメント能力

 

今だからこそポテンシャル採用は価値がある

現在、コロナウイルス感染拡大の影響で経済活動が停滞している状態であるため、コロナ前と比べると一時的に人手が余っている業界もあります。しかしながら、緊急事態宣言が解除されてから、個人消費をはじめ徐々に経済が戻りつつある今、業種・職種によって割合は異なるものの、若手の人材不足はこれからも加速すると予測されます。

参考:帝国データバンク「特別企画: 人手不足に対する企業の動向調査(2020 年 7 月)」
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p200805.pdf

そのため、早い段階からスピード感を持って、企業側がアクティブに優秀な若手の獲得、人材育成を進めることが企業の存続にもつながるのです。このような時代だからこそ、「“企業の長期的な成長と将来性”を考えるならポテンシャル採用の利用価値は高い」といってもよいでしょう。

人材不足の解消や次世代の幹部候補の育成だけでなく、コロナ禍での事業存続と更なる飛躍に向けて、ポテンシャル採用の導入を検討してはいかがでしょうか。

 

株式会社クラスでは、ポテンシャル採用のターゲットとなる20代~30代の人材紹介を中心におこなっております。企業様それぞれの採用に関するお悩みを解消し、採用計画に基づいた人材紹介をすることが可能です。幅広い分野の人材から、自社に最適な方を推薦させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  • ニュースのサムネイル画像

    「優秀な人材を雇ったのにすぐやめてしまった」「社員が定着しない」とお悩みの採用担当者も多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルスの影響で採用人数を減らしたり中止したりしている企業も...

    人材業界について

    2020.09.23

  • ニュースのサムネイル画像

    コロナ禍での企業の変化や取り組みと現状 この数カ月で、日本の労働市場や経済市場は大きく変化しました。「withコロナ」「afterコロナ」という言葉ができたように、企業も求職者も、新たな環...

    人材業界について

    2020.08.27

  • ニュースのサムネイル画像

    近年、「女性の社会進出」「女性が輝く社会」という言葉をよく聞くようになりました。安倍内閣の最重要施策として“女性活躍推進法”が成立し女性が活躍するための政策や指針が多数策定されてきたなか、企...

    人材業界について

    2020.08.24

関連記事

アクセスランキング

お問合わせ

お名前

会社名

メールアドレス

電話番号

ご依頼内容