株式会社クラス

ニュース

ニュースのサムネイル画像

働きやすい職場の特徴は?長く、快適に働くために必要なこと

女性の転職について

2021.07.28

あなたにとって「働きやすい職場」とはどんなところでしょうか。人間関係が良好であること、オフィスが新しくきれいなこと、休みをとりやすいこと、意見を言いやすいこと、育児休業を取得できること……人それぞれ働きやすいと感じるポイントが違うので、一概に正解はありません。

しかし、いま日本では深刻な少子高齢化による労働力不足に悩んでおり、企業は“社員の定着”を強く望んでいます。より多くの人にとって働きやすいと感じてもらうためにはどうすればいいのか、この記事では働きやすい企業の特徴をご紹介するとともに、今後の働き方や働く環境について考えていきましょう。

働きやすい職場の特徴

働きやすい職場というのは、人ぞれぞれの価値観によって異なります。一般的に、働きやすい職場としては、このような特徴が挙げられます。

  • 人間関係が良好である
  • 時間外労働が少ない
  • コミュニケーションがとりやすい
  • 信頼して相談できる上司がいる
  • 育児や介護などに対して理解がある
  • 時短・テレワークなど柔軟な働き方ができる
  • 有給を取得しやすい
  • オフィスがきれいで設備が整っている

しかし、単に「休みたいときに休むことができる職場」「仲の良い人と働くことができる職場」が働きやすい職場であるということではありません。あくまでも職場は仕事をする場所であるため「仕事において成果をあげるために業務の妨げとなるものがない職場」、つまり企業は、社員が成果をあげるためにより充実した設備や環境を整えていく必要があるのです。

女性にとって働きやすい職場とは?

では、働く女性が増えている今、「女性にとって働きやすい職場」とはどんなところなのでしょうか。BizHitsがおこなった「【働きやすい職場ランキング】女性500人アンケート調査」にて、「あなたにとって働きやすい職場とは?」という質問に対し、以下のような結果がでています。

1位の「職場の人間関係や雰囲気がいい」という回答が、ほかの回答と大きく差をつけています。これにはさまざまな理由があると思いますが、毎日心地よく働くためには“良好な人間関係”というのは欠かせませんよね。

また、女性には出産や育児というライフイベントがあり、自身やお子様の体調不良などで仕事を休まなければならないというとき、気軽に相談できる雰囲気があるかどうかも職場の人間関係や雰囲気に影響するかもしれません。2位の「プライベートと両立しやすい」というのも、この理由に関連しているのでいるのではないでしょうか。

働きやすい職場に出会うために

人生100年時代。長く働き続けなければならないなかで、だれもが働きやすい職場を求めるのは当然です。とはいえ働きやすい職場に出会うのは、外から見るだけではなかなか見えにくいでしょう。そんなとき、働きやすい職場に出会うために就職・転職での企業研究の際にぜひ参考にしてほしい認証制度についてご紹介します。

働きやすい職場を見極める認証制度の一部

国や自治体ではさまざまな認証制度を用意し、各種要件に基づいて適切な取り組みをおこなっている企業に対して登録・認証をおこなっています。

たとえば、「えるぼしマーク」「くるみんマーク」について聞いたことはありませんか?これらは、働く女性や子育てをする労働者のための働きやすい職場づくりに注力しサポートしている企業を公的に認定するもので、その証として専用マークが与えられます。

ほかにも、以下のような認定制度があります。

  • ホワイト企業認定
  • ユースエール認定制度
  • エコ・ファースト制度
  • なでしこ銘柄
  • 健康経営優良法人認定制度

これらの認定制度は国や自治体などが公的に認証しているものなので信頼できる指標であり、労働者が企業・職場を選ぶときの企業研究に役立ちます。「女性が多く活躍している職場」「若い世代が活躍している職場」「子育てと仕事の両立をサポートしてくれる職場」など、ご自身のビジョンや思いとマッチする企業を探すためによい指標となります。

認証制度は企業にも大きなメリットがある

また、労働者が安心して働くことができるだけでなく、企業にとっても大きなメリットになります。公的な認証制度は企業の認知度を高め、人材確保・集客力の向上にもつながるからです。取得するだけでなくその活動や取り組みを継続することで、社員の満足度も向上し企業価値も向上していきます。

働きやすい職場を実現するために企業がすべきこと

認証制度は企業にとっても大きなメリットがありますが、これは働きやすい職場を実現できたあとに認められるもの。つまり、認証を受けるには、まずは働きやすい職場づくりを実現しなくてはなりません。

そこで、ヒントになるのが「リテンションマネジメント」です。リテンションマネジメントとは、社員が定着しその能力を最大限発揮してもらうための管理手法のことです。優秀な人材が他社へと流れることを防ぎ自社で長く働いてもらうというこの考え方は、働きやすい職場づくりにつながっています。

リテンションマネジメントを成功させるには、いくつかの側面から考え取り組まなければなりません。ここでは7つの側面について解説していきます。

関連記事:人材の定着率向上には“リテンションマネジメント”の導入を!

ワークライフバランス

ワークライフバランスという考え方は、すでに多くの企業や労働者に浸透しているでしょう。仕事と生活、どちらかに重きをおきどちらかを犠牲にするのではなく、うまく互いが調和し互いによい影響を与えられることが大切です。

ワークライフバランスの実現にはさまざまな施策がありますが、時間外労働の削減や家庭のあらゆる事情(育児や介護など)に対する支援などが代表的です。また、今では副業をする方も増えてきました。副業を認可し多様な働き方を受け入れ推進することも、一種のワークライフバランスといえます。

風通しのよい環境づくり

風通しのよい環境というのは、労働者にとってなくてはならないもの。単に、業務推進に関する相談だけではなく、たとえばハラスメントに関する相談窓口が設置され適切に運営されているかということも重要です。相談できる環境がなければ、問題を可視化したり改善したりする手だてがありません。小さなことでも気軽に相談でき、安心して働けると感じられる環境整備が必要です。

また、企業に対して安心や信頼を感じることができれば社員の満足度も向上します。「社員の話を聞いてくれない」「なにもしてもらえない」という状況では、企業に対する不満が募るばかりで最終的に離職となることも……。そのため、社員が安心して相談できる環境があり良好なコミュニケーションをとることができる職場は社員の満足度も高く、結果的に社員の定着にもつながっていくのです。

多様な働き方・職場環境の整備

コロナ禍では、これまで以上に「多様性」「働き方改革」という言葉が取り上げられるようになりました。従来のようにオフィスに出社し自分のデスクで働くというスタイルだけでなく、テレワークや在宅ワーク、個人の専用デスクを設けないフリーアドレス制オフィスなどさまざまな改革をおこなった例も見られます。

企業によって適した職場環境というのはそれぞれ異なるため、上記のような制度がよいとは言い切れませんが、個人のライフスタイルや業務スタイルによって働き方を選択できるようになることは重要です。

評価に見合った適正な給与・報酬

働きやすい職場というと環境ばかりに目がいきがちですが、働く以上「給与」「報酬」を切り離して考えることはできません。ここで重要なのは「男性だから」「女性だから」という性別によって格差が生まれてしまうことがないよう注意することです。性別によって評価基準が変わるなど主観的な価値観が入ってしまうことはあってはなりません。客観的な視点・基準のもと適切な評価をおこなうことが重要です。

直属の上司からの評価だけでなく同僚など他の社員からも意見を取り入れ、より客観性のある評価を取り入れるほうが偏りのない評価を出すことができるでしょう。

キャリアビジョンに合った育成制度・環境

働きやすい職場を実現するには、労働者それぞれのキャリアビジョンをできるかぎりくみとる必要があります。「成長したい」「昇進したい」という希望があったとしても、全員がおなじキャリアパスを歩んでいるわけではなく、今後のキャリアビジョンやライフプランも異なっているでしょう。

そのため、それぞれのキャリアビジョンを丁寧にヒアリングし、スキルやポジションに見合った育成プランを考えていくことが大切です。丁寧なコミュニケーションをとることができれば適切なマネジメントにもつながっていくので、現場の生産性向上や成果向上も見込めます。また、育成制度や環境が整うことで、社員が前向きにかつ自主的に取り組むことを後押しし、よりやりがいを感じることもできるでしょう。

働きやすい職場を実現するためのステップ

働きやすい職場づくりをするためには、課題発見や検証を継続しておこなうことが大切です。ここからは、上記で解説した働きやすい職場を実現するためのステップについてお伝えします。

  1. 現場、チームの現状の問題を把握する
  2. 問題を分析して解決までの優先順位を決める
  3. 解決までのより細かい計画を策定する
  4. 策定した計画を実行する
  5. 定期的な振り返りの機会を設け確認する

この作業を繰り返しおこない、長期的に継続していきましょう。定期的な振り返りの際には、より現場の声を拾うことが大切です。組織やチームの編成、企業のビジョンなどが変わることもあるので、その都度見直しや検証をおこなうことようにしましょう。

働きやすい職場は社員にも企業にもメリットがある

働きやすい職場を実現することは社員の満足度を向上させるだけでなく、長い目で見れば企業の成長や存続にもよい影響を与えます。働きやすい職場づくりが実現し公的な認証を受けることができると社会的にも大きく認知され、次世代を担う若い世代にも知ってもらうことができ人材確保にもつながります

これから、ますます働き方や仕事に対する考え方が多様化していく時代です。多様な人々を受け入れながら働きやすい職場を実現し、企業も時代の流れに遅れをとらないよう成長していきましょう。

「働きやすい職場」に“1on1”が役立つことも

1on1という言葉をご存知ですか?1on1とは、近年多くの企業で取り入れられている面談のことで大手IT企業などでも積極的におこなわれています。働きやすい職場を実現するために、上司と部下が1対1で面談をおこない悩みや課題などを共有・相談する場として定期的におこなうのが一般的です。

たとえば、「部下が突然退職したいといってきた」という経験はありませんか?悩みを抱えたままでは仕事への向き合い方が中途半端になります。そうなると、成果をだすことができず、最終的に「仕事を辞める」「転職する」となってしまうのです。会社として、チームとして、課題や問題を解決することはもちろん、個人レベルの小さな悩みまで上司が理解し相談しやすい関係性をつくっておくことは、働きやすい職場に必要不可欠でしょう。

とはいえ「ひとりひとりと定期的な面談をする時間がとれない」「個人的な悩みや相談に対してよいアドバイスはできない気がする」という上司の方もいるはず。そこで、ぜひ弊社の1on1サービスを活用してはいかがでしょうか?

クラスの1on1サービスとは?

弊社の1on1サービスでは、キャリアコンサルタントの資格を持ったサポーターがオンラインで1回60分の1on1面談をおこないます。第三者であるサポーターに話すことで客観的な意見を聞くことができ、問題の早期発見・早期解決につながります。

もちろん“課題や悩みを話すだけで終わり”ではありません。弊社の1on1を通して、部下(社員)が改めて自分自身と向き合い内省することで、「自発性」や「前向きなマインド」を育てていくことができるのです。面談後は必ずフィードバックをおこない、面談内容を上司の方へと共有・報告いたします。情報セキュリティーに関しても万全に対策しているので、企業情報が外部に漏れる心配はありません

1on1サービスによって、仕事へのモチベーション維持、生産性向上、上司と部下の信頼関係の強化、そして大切な社員の離職が少しでもなくなるよう、人材紹介会社としての強みを活かしたサポートをいたします。コロナ禍によるリモートワーク導入などの影響により、社内のコミュニケーション不足が顕著な今、自社をリードしてくれるコア人材の定着のためにもぜひクラスの1on1サービスをご検討ください。

1on1サービスに関する詳しい情報は、こちらをご覧ください。

⇒リンク:オンライン1on1〜WORK DOCTOR〜

お問い合わせ、ご相談、いつでもお待ちしております!

 

関連記事

  • ニュースのサムネイル画像

    コロナウイルスの感染拡大を機に、自分のキャリアを見直したり考えたりする時間が増えたことで、「働き方」について悩んでいる方が増えています。前向きに転職について考える人もいれば「転職したいけどう...

    女性の転職について

    2021.09.15

  • ニュースのサムネイル画像

    ほとんどの企業に在籍している“営業職”。他の職種に比べて「ノルマが大変」「体力勝負」というようなイメージが強いかもしれません。しかし、営業職は企業にとって不可欠な存在であり、営業職として活躍...

    女性の転職について

    2021.08.18

  • ニュースのサムネイル画像

    今回は、クラスで実施している【面談前の確認アンケート】より一部データを分析し、転職者さまのご意向やこれからの転職活動についてご紹介します。 すでにクラスへご相談いただいたことがある方、...

    アンケート結果

    2021.07.14

アクセスランキング

お問合わせ

お名前

会社名

メールアドレス

電話番号

ご依頼内容