株式会社クラス

ニュース

ニュースのサムネイル画像

市場価値を高められる!営業職のメリットとは?

女性の転職について

2021.08.18

ほとんどの企業に在籍している“営業職”。他の職種に比べて「ノルマが大変」「体力勝負」というようなイメージが強いかもしれません。しかし、営業職は企業にとって不可欠な存在であり、営業職として活躍することはほかの職種にはない大きなメリットもあるのです。この記事では、営業職として活躍するメリットや営業職のキャリアプランについてご紹介します。「転職したい……」とお考えの方も、ぜひ最後まで読んでみてください。

営業職として活躍するメリット

営業職は花形的存在。営業職として活躍することは、どんなメリットがあるのでしょうか。

1.社内外の多くの人と出会える

営業職は、会社の看板として社内外の多くの人と出会うことになります。ときには、他社の重要ポストの方とも出会うチャンスがあり、新たな人脈を作っていくこともできます。また、今まで経験したことのないチャンスにも恵まれる可能性も高まります。営業職ほど社外のあらゆる立場の方と出会える職種はほとんどなく、他の職種にはない大きなメリットといえるでしょう。

2.コミュニケーション能力が向上する

多くの人と出会うことで、コミュニケーション能力もおのずと向上していきます。インターネットが普及したといっても、経済市場で営業活動を欠かすことはできません。営業職のコミュニケーションスキルや対人スキルによる営業活動のおかげで、世の中にこれほど多くの商品やサービスが流通しているのです。

3.自分の実績が企業の成長へと直結する

自社の商品やサービスを売ることで実績が積み上がる分、企業の利益・成長へと直結するのは営業職の責務の大きさを表していますよね。それと同時に、自分自身のやりがいや達成感にもつながります。会社への貢献として、これほど直接的に直結する職種はないのではないでしょうか。

4.成果が賞与やインセンティブとして反映される

自身の成果が賞与やインセンティブとして反映されるのは、営業職として活躍していくうえで最も大きなモチベーションとなっているという方もおおいのではないでしょうか。賞与やインセンティブがあるために明確な評価がつきもので、ときにプレッシャーを感じるかもしれませんが、明確な評価があることは透明性の高い企業ともとらえられることができます。「頑張った分年収がアップするのはうれしい!」と考える方にとって、とても魅力的な職種ですよね。

5.数字やデータに強くなる

日々、営業職として活動していると、知らぬ間に数字やデータにも強くなっていきます。「結果を出すためにはどうすればいいのか」「目標を達成するにはどうすればいいのか」と物事を論理的に考えられるようになることも大きなスキルになります。論理的思考は取引や商談の際にも相手を納得させるスキルになるので、ビジネスシーンでは欠かすことはできません。

6.世の中や市場を把握できるようになる

数字やデータに強くなってくると、世の中や市場の動きもより具体的に読み取ることができるようになります。世の中や市場の動きを把握できるようになると、さらに仕事に対して面白味を感じてくるでしょう。顧客の悩みに対し、先を見据えた提案ができるようになれば、長期的な取引ができるビジネスパートナーとして信頼を得ることができる可能性も高まります。

営業職としてのキャリアプランを考えてみよう

営業活動を通じて得たスキルは非常に汎用性が高く、ビジネスシーンにおいてどんな場面でも役立ちます。また、ほかの職種への転職にも活かせるため、今後のキャリアプランを考えていくうえで営業職としての経験は大きなメリットになりえるのです。

今営業職として活躍している方のなかには、「お客様と関わるのが好きだからずっと営業職として働いていたい」「組織をマネジメントする立場になりたい」「営業職以外の職種を経験してみたい」など、さまざまなキャリアプランやビジョンがあることでしょう。これまで培ってきた経験を無駄にせず最大限生かしていくためにも、ぜひ一度、じっくりとご自身の将来について考えてみてはいかがでしょうか?

「どうしても転職したい」そんなときはなりたい自分を明確に

当社は、転職エージェントとして転職を希望する方々をサポートしていますが、転職希望者のなかにははっきりとした転職理由や転職で実現したいことがわからない状態の方もいらっしゃいます。転職自体は悪いことではないですが、どうして今の仕事をやめたいのか、転職したいのか、ということは転職の選考過程で必ず聞かれることですし、これからのキャリアを考えるうえでも重要なことです。

ここでは、例として営業職の方が転職を考える際の選択肢となる手段を2つご紹介します。理想の転職を実現するためにも、ぜひ参考にしていただきじっくりとご自身のキャリアを考えてみてください。

1.営業職として転職

1つ目は、営業職として転職するという方法です。「営業という仕事は好きだけど今の職場が合わない」「今の営業スタイルが苦手」という方は、環境を変えることで悩みを解消できる可能性があります。また、営業職として転職すれば職種を変えるわけではないので、これまでのスキルや経験も活かすことができ、キャリアアップにつながる可能性もあります。

2.キャリアチェンジする

2つ目は、営業職から別の職種へとキャリアチェンジ(職種転換)する方法です。営業で培ったスキルには汎用性があるため、キャリアチェンジの場合でも十分活躍できる可能性はあります。たとえば、営業で培ったデータ収集能力や提案力を活かし、マーケティングや企画などにチャレンジする方が多いです。ただし、キャリアチェンジの場合“未経験”となるため、その職種では一から学びなおすことになります。業務への考え方や進め方も異なるので最初のうちは戸惑うことも多いかもしれませんが、チャレンジすることを楽しめる方にはとてもよい経験になるでしょう。

関連記事:営業職から転職したい女性必見!営業スキルを生かして転職するには?

 

クラスはあなたのチャレンジを応援します

当社には営業職の方からのご相談も多く、実際に転職を実現された方の中には、営業職として転職した方もキャリアチェンジした方も、新しい環境でご活躍されております。現在、コロナウイルスの影響もあり多くの方が苦悩されているかと思いますが、そんななかでも前向きにチャレンジをしようとする若い世代のみなさまを、当社は今後も積極的にサポートしていきたいと思います。

また、当社には「1on1」という新しいサービスもございます。キャリアカウンセラーの資格を持ったサポーターが転職やキャリアに悩む女性に寄り添い、客観的にアドバイスすることで改めて自分を見つめなおすことができるというものです。一人ではなかなか解決できなかったことも、第三者であるサポーターに相談することで早期に問題を解決する糸口になることでしょう。

もし、今転職について悩んでいることがあればぜひクラスにご相談いただき、一緒に今後のキャリアプランを考えるお手伝いをさせてください。あなたからのお問い合わせ、ご相談をいつでもお待ちしております。

 

関連記事

  • ニュースのサムネイル画像

    コロナウイルスの感染拡大を機に、自分のキャリアを見直したり考えたりする時間が増えたことで、「働き方」について悩んでいる方が増えています。前向きに転職について考える人もいれば「転職したいけどう...

    女性の転職について

    2021.09.15

  • ニュースのサムネイル画像

    あなたにとって「働きやすい職場」とはどんなところでしょうか。人間関係が良好であること、オフィスが新しくきれいなこと、休みをとりやすいこと、意見を言いやすいこと、育児休業を取得できること……人...

    女性の転職について

    2021.07.28

  • ニュースのサムネイル画像

    今回は、クラスで実施している【面談前の確認アンケート】より一部データを分析し、転職者さまのご意向やこれからの転職活動についてご紹介します。 すでにクラスへご相談いただいたことがある方、...

    アンケート結果

    2021.07.14

アクセスランキング

お問合わせ

お名前

会社名

メールアドレス

電話番号

ご依頼内容